聖剣の刀鍛冶公式サイト
10月よりチバテレビ、テレ玉、テレビ神奈川、TOKYO MX、サンテレビ、中京テレビ、AT-XにてTVアニメスタート!

NEWS
WORLD
CHARACTER
ON AIR & STORY
GOODS
LINK



キャラクター



Q.最終アフレコを終えられた率直な感想を聞かせてください。


最終回が今まで一番体力を使いました。でも、とてもすがすがしかったです。

正直に言えば、もっとやりたいという気持ちがあります。セシリーやリサとやっと少しずつ距離が近くなってきたところなので、これからが楽しみだったりします。でも最終話まで全力でやってきたので、とりあえずがんばりきれたという気持ちもあります。


もうリサちゃんとしてみんなとおしゃべりできないのかぁ。。。なんて思うと、寂しい気持ちです。でも楽しい思い出がたくさんの現場だったので、暖かい気持ちもあります。

終わっ・・・てなーい!!むしろ始まり?!


途中スッポリとお休みがあったので、展開が気になって仕方なかったんですが、ラストも「え〜っ?!」な、シーグさん(笑)

久々に独立交易都市に帰ってきたら、町が人外だらけでビックリしました(笑)たくさんの山場を乗り越えたセシリーたちへお疲れ様の気持ちでいっぱいです。


もっと暴れたかったな〜っ



Q.自分のキャラを演じる上で気をつけたいことや難しかったことを教えてください。


彼女の炎のようなエネルギーに自分自身の体も気持ちもついて行かせることですね。

ルークはあまり人と話そうとせず、感情を表に出さないキャラクターなので、抑えるのが大変でした。少しでもコントロールがずれるとキャラクターがぶれてしまうので、やりがいのあるキャラクターでもありました。あとシーグフリードとどっちが悪人かわからなくなってるという指摘もけっこういただいたので、憎しみの感情などをあまり出しすぎないようにも気をつけました。


ルークに対しての繊細な想いを大切に演じられるよう心がけました。ルークとのふたりのシーンでは微妙に気まずいけれど暖かみのある空気感を作れるように、リサちゃんの心の動きを丁寧に追いかけられるようがんばりました。

一見優しいお姉さん風のアリアですが、優しさの奥にある、色々な戦争をくぐり抜けてきたがゆえのクールさ・・・といいましょうか?・・・が難しかったです。つい、熱くなっちゃって(笑)


常にどこかに陰を持つ、というか、全てが謎だったので、そう演じるしかありませんでした。そこが難しかったかな。

"世話焼きお姉さん”を込めましたが・・・どうでしょう(汗)


自衛騎士団としてのプライド。その点は特に意識して演じさせていただきました。



Q.あなたが選ぶ「聖剣の刀鍛冶」名場面はどこでしょうか。(自分の演じた場面でもそうでなくても構いません)


魔剣精製のシーンは、ルークの呪文(?)もあってかなりカッコいいと思います。

最終話の藤村さん演じるセシリーの気合の一太刀と、自分のことをいうなら最終話の必死に魔剣精製するシーンです。本当に必死にやりましたし、セシリーの気合の一太刀には胸を打たれました。


ルークから帽子をプレゼントされ、ふたりの心の距離が少し縮まるシーン。。。泣きながら笑うリサちゃんに、みてくださるみなさまの心があたたかくなればいいなぁと思いながら演じました。

名場面というのとは違うかもしれないのですが、各魔剣の皆様の「神を殺せ」のセリフ。それぞれの味がある「神を殺せ」になってると思いますー。


シーグ的には、ラストバトルになるんでしょうか。次期シリーズがあることを祈ります。

毎回、セシリーの啖呵が格好良くて、聞いていて気持ちよかったです。私的にいつも楽しみなシーンでした。


#5「絆」の回。ルークがリサへプレゼントを渡すシーン。男って不器用なものっスよね・・・。



Q.アフレコ中の楽しかった、印象深かったエピソードなどを教えてください。


シャーロット達との和気あいあいとしたシーンはにぎやかで楽しかったです。

毎週楽しくて、全体的にアットホームで面白い雰囲気でした。それでいていざ本番になるとしっかり締まるので、理想的な現場だったんじゃないかなと思います。


アリア役の豊口めぐみさんとアドリブをいれるのが楽しかったです。
『ほとばしる肉汁っ!』『うまうまっ』『肉汁っ』『うまうまっ』みたいな。。。笑

アフレコ現場の雰囲気は・・・セシリー歩ちゃんがひたすらしゃべりまくり、ルーク岡本くんががんばって抑えてひたすらクールに、リサ愛生ちゃんがひたすら可愛く、そして私は後ろで座ってひたすら応援(笑)・・・いや、ほら。魔剣の姿になっちゃうと、しゃべらなくなっちゃうもんですから、アリア。でも、セシリーに「アリアっ!(「風をおこせ」という意味で)」って言われたら、台本にセリフはないのに、「はーい♪」ってノリノリで返事してました!・・・もちろんテストの時だけデスヨ(笑)


・岡本君は、ホントにイジられキャラだなぁって感じ。
・最終回の収録が私の誕生日で、ケーキが用意されててビックリしました♪ありがとうございます。

そういえば、一度、停電がありましたね〜。復旧までのまったりした休憩時間に、シーグフリードさんの見事なフリで(笑)、ルークの手品が間近で見られました!お見事でした!


休憩中にハウスマン役の和彦さんから聞いた昔のスタジオの話が印象的でした。本番中、突如上から落ちてきた黒い影、その正体は・・・ネコ(笑)



Q.最後にファンの皆さんにメッセージをお願いいたします。


誠実で真っ直ぐで、でも女の子の一面もちゃんと持っている・・・そんなセシリーをがんばってかわいく演じようとしてきましたが、皆さんに彼女の魅力が伝われば嬉しいです。

「聖剣の刀鍛冶」をまだ終わらせたくないというのが本音です。またルークやセシリーたちに会えるようがんばりますので、応援よろしくお願いします。


聖剣の刀鍛冶、応援してくださってありがとうございました!自分の弱さを認めながらも前向きに戦う主人公、セシリーに元気をもらいながら楽しくアフレコをさせていただきました。作品自体も、リサちゃんという素敵なキャラクターも、私にとってかけがえのない大切な存在です。。。みなさまにとってもそんな大切な作品になっていればうれしいです。一緒にわくわくどきどきしてくださって、ほんとうにありがとうございました!

12本と短い作品ではありましたが、アニメ・ラジオ・イベント・・・そして、キャラクターソングと、色々な形で参加させていただきました。まだ原作も続いていることですし、続きに期待したいです!皆様も応援ありがとうございました!


ちょっとちょっと〜という不完全燃焼な方、是非次期シリーズを待ちましょう!

続きが気になりますよね!ぜひとも"2”がありますようにー!・・・と、私も一緒に祈りますよ(笑)


アニメは一区切りつきましたが、「ブラックスミス」のストーリーはまだまだ続きます。これからも応援よろしくお願いします。またお会いしましょー!





 (C) 2009 Isao Miura/MEDIA FACTORY,EARTH STAR ENTERTAINMENT,JOQR,AT-X